ちくわぶはおいしいぞ

Posted By on 2012年12月4日

よく言われることですが、関東のおでん、といえば、「ちくわぶ」ですよね。ちくわぶの存在が関西などでは薄いということを知って、けっこう驚きました。
確かにちくわぶは、関東ではおでんの種として当然入っているべきものですが、たとえばわが家ではちくわぶは煮物にも使います。
ちくわぶって結局はうどん粉を練ったもの、みたいで、これといってお味があるわけでなし、うまいものでもないわけですが、甘辛く煮付けると、歯ごたえがなんともいえず、わが家では煮物にこれが入っていないと子供たちからブーイングがきます。
大抵は、人参やごぼうなどの根菜類と一緒に、味だしで鶏もも肉と一緒に炊きます。かなり濃い、甘辛い味つけです。これはふだんのお惣菜としてもいいし、お弁当にもいいですよ。お弁当にいれるときは、あと「さつまあげ」なんかも加えると味がしみていておいしいです。まぁ、ちくわぶなんて安いですから、煮物でもけっこうボリュームでるし、ありがたい素材ですよ。

もちろん、おでんにもいれてます。うちは5人家族ですし、長男次男が大学生、高校生の食べ盛りなんで、おでんといえば、寸胴鍋で大量に作って、それから別の土鍋にうつしかえて食卓に出して、売り切れてくるとまた寸胴鍋から土鍋に足して、という具合なんですけどね。
ちなみにちくわぶは、だいたい6本は買います。1本を3等分ぐらいにしておでんの具にするんですけど、みんな大好きだから。
子供たち見ていると、たとえばさつま揚げとか、大根とかお皿にとりわけるときにかならずちくわぶも一緒に入っていて、そうやって何度もおかわりするたびにちくわぶもご一緒するわけで、いつも最初になくなっちゃうんです。

他にもちくわぶを卵とじにしたり、ちょっとキムチ風の味付けにするとトッポギもどきみたくもなります。
あの独特の食感というのかな、モチッとした歯ごたえがいいんですよね。それで素材そのものに味がないから、わりとどうにでも使えるんですよ。

よく耳にする「関西では納豆を食べない」ってやつ、それを考えるとですね、やっぱり、納豆とちくわぶのない地域に行って生活するなんて考えられないなぁ、などと思う私なのでした。

Comments are closed.